新月大潮のメバリング

新月大潮周りの何かが起こりそうな一昨日の釣行。
今回は今年はじめて入るポイント。
まずは段差になっている変化のあるポイントから探り始める。
1投目からすぐに反応があった。
01.jpg
元気のいい24センチのメバル。幸先がいい。
しかしその後もアタリはあるがスレた感じなので、ポイントを少しずつ移動しながら打っていく。
反応があるが食いが浅いのでジグヘッドのサイズを変える。
ワームはデカキビナーゴのまま、ジグヘッドを0.9gにしたところでハマった。
02.jpg
サイズは少し小さめ。同サイズを2匹ほど追加。
さらにちょこっと移動。潮が巻いていて足場が少し高いポイント。ジグヘッドを少し重くして狙うとまたしても連発!
03.jpg
体高のあるメバル。
04.jpg
きれいなブルーバック。
05.jpg
ストラクチャー周りの上層をフワフワと漂わせる感じ。
06.jpg
10匹ほど掛けたところでメバル終了の合図のようにカサゴが釣れたので釣り座を変える。
潮が流れており少し水深がある。潮が交わるポイントに風を利用してドリフトで通すと早速反応!
07.jpg
26センチの良型メバル。
カウント5秒で同じ流し方をすると
08.jpg
27センチのスポーニング。よく引いてくれた。
アタリが少なくなったので少し沈めるとヒット。
10.jpg
尺ソイ。美味しそうなのでキープ。
この時間あたりから良型が多くなってきた。
11.jpg
アフターの元気な26センチ。
同じポイントに戻ってもう一度通すと新たな型の大きい群れが回ってきた模様。
12.jpg
ブルーバックの27センチ。
13.jpg
最後は体高のある25センチ。
今日は全体でメバル20匹超、20アップは10本、25アップは5本、尺ソイ1本と久々に釣り応えのあるライトゲームを楽しめた。スポーンと小さいの除いて型の良い物をキープ。
14.jpg
ほとんどデカキビナーゴにて。タダ巻きでもリフトフォールでも使いやすいので最近はこれしか使っていないほど。
後から知ったがその日はホタルイカの接岸もあったようで、回遊性の高い良型のブルーバックメバルが釣れ始めた時間と一致する。クロダイも揚がっていたようなので今年のホタルイカパターンは早そうですね。
ホタルイカ絡みのメバル、クロダイ、シーバスとこれからが楽しみ。

フィールド:富山
ヒットルアー:デカキビナーゴキビキビナーゴラウンドマジックなど
タックル:TICT(ティクト) INBITE IB710-TB13 セルテート 2004CHダイワ(Daiwa) ルアー用ラインダイワ(Daiwa) 月下美人ライン TYPE-F 150m 3.5lb
天気、潮:下げ6分~潮止まり前後