終盤エギングと17セフィアCI4+S806MLのレビュー

先日の晴れ間に、今シーズン終盤の大型アオリイカ狙い。
マズメの潮が動いているであろうタイミングを狙ってエギングへ。
今回は今シーズン新調したシマノ 17 セフィア CI4+ S806MLのレビューも兼ねて。
ポイントに付くと下潮も動いていい感じ。
フルキャストでしっかり底をとって、シャクリは大きめに、ステイ時間も長め。
手前までチェイスしてきたみたいで浅場でズン!
KIMG0215.jpg
良型の500gアップのアオリイカからスタート。ロケッティア・ホバーロックにて。
時合いか連発。
KIMG0216.jpg
サイズアップ!25センチ700gアップ。活性が高そうなのでテンポを早めに。
KIMG0219.jpg
飽きさせないように、ちょこちょこ餌木猿にエギローテしたりして数杯追加。
KIMG0221.jpg
胴25、24、24と殆ど20アップのアオリイカ。
KIMG0227.jpg
もう一回くらい最後にエギングに行ければいいなと思っています。

シマノ 17 セフィア CI4+ S806MLのレビュー

今期から、新調したエギングロッド、シマノ 17 セフィア CI4+ S806MLを簡単にインプレッション。
探していたのは、基本的には高感度なティップでバットが強いエギングロッド。秋の新子も楽しめて、冬の中型からキロアップのアオリイカに3.5号のエギもしっかりしゃくれる、そしてスラックジャークも1本でこなせるエギングロッド。富山を含め北陸地方でアオリイカを釣られる方は、同じようなロッドを探している方も多いのではないかと思います。
シマノのエギングロッドでは以前、セフィア エクスチューン S809M/Fや、セフィアCI4+ S803MLを使いました。どれも良いロッドですが、今ひとつ上の条件にはぴったりこない感じです。エクスチューンS809M/Fは8.9ftと長い割に非常に軽く飛距離もでますが、ブランクスが太めで振り抜いた感覚が重いイメージ、CI4+ S803MLは3.5号のエギを自由に操るにはパワー不足なイメージでした。
KIMG0003.jpg
17 セフィア CI4+ S806MLは、秋の新子シーズンには2.5号のエギをビシバシしゃくれました。バットは強いですがティップ、ベリーに適度な柔らかさがあるのでエギが飛びすぎる事もなく、ゲソ切れも少ないです。小さめの15センチくらいのアオリイカも楽しんで釣れました。
もちろんメインで使う3号のエギも使いやすくスラックジャークもこなせました。それに8.6ftと適度な長さが飛距離も出て、かつ取り回しもしやすい長さで使いやすいです。
KIMG0220.jpg
今回のエギングでは胴25センチくらいまでのアオリイカを狙いましたが、3.5号のエギでもパワー負けせずに、しっかりシャクれました。エギMAXが3.8号となっているので、フラッシュダンサー3.75号のエギもシャクってみましたがこちらもOK。
ようやく自分のエギングのスタイルにあったエギングロッドを見つけることができました。エギングロッド1本で秋の新子からキロアップまで、シーズンいっぱいアオリイカを楽しむのに、おすすめのエギングロッドです。

【SPEC】
全長:2.59M、自重:91g、仕舞長さ:132.9cm、先径(外径):1.6mm、元径:12.1mm、エギサイズ:1.8~3.8号、適合ライン1:PE 0.4~1号、カーボン含有率:98.4%

フィールド:富山
ヒットルアー:ロケッティア・ホバーロック餌木猿
タックル:シマノ 17 セフィア CI4+ S806ML、09セフィアC3000SDH、ゴーセン ドンペペ8 200m 0.6号
天気、潮:上げ3分