タダ巻きのメバル

短時間だけメバリングへ。
ポイントに着くとまだウネリが残っている様子。
まずは前回反応の良かったリフトフォールで探るが反応がない。
そこで上層のタダ巻きに変えるとポツポツとアタリが出だした。
01.jpg
23センチほど。デカキビナーゴにて。
続けて同じトレースラインでモゾっとしたアタリ。
02.jpg
25センチのスポーニング個体。優しくリリース。
その後立ち位置を変えるが波で取り込みやすい位置に立てない。
すぐに手前で小さいメバルが反応。
03.jpg
22センチほど。
そこで、遠投して沖の回遊メバルを狙う。フルキャストしたあと2、3巻でモゾ。
久々の重量感。しかしウネリで立ち位置が限られ手前の根に擦れる。いつもなら尺メバルでも強引に抜けるが、ここからでは無理。
もう一度フルキャストしてトライするがまたしても根に潜られた…
30センチのソイはかわせるが尺メバルとなるとさすがにきつい。
04.jpg
その後はメバルのサイズも落ちてきたので終了。
05.jpg
今日は上層のタダ巻きで小さなアタリが多かった。大型のメバルも掛けたが捕れなかったのが悔やまれる。

フィールド:富山
ヒットルアー:月下美人 SWライトジグヘッドデカキビナーゴ
タックル:TICT(ティクト) INBITE IB710-TB13 セルテート 2004CH月下美人ライン TYPE-F 150m 3.5lb
天気、潮:下げ3~4分