今年最後の渓流釣り

今シーズンラストの渓流に行ってきました。
まずはエントリーしやすい源流からスタート。
今回はエサ師の方と同行しましたが朝一は餌の反応のほうが良い感じ。
しばらくしてルアーにも高反応に。
DCF00062.JPG
堰堤でいきなり尺イワナ。Dコンタクトのヤマメハクにて。
続けて連続ヒット。
DCF00064.JPG
トゥィッチに執拗にチェイスしてきた。
しばらくこんな里川のようなポイントが続く。
DCF00065.jpg
二本の流れが交わる最高のポイントで連発する。
DCF00066.JPG
白泡から飛び出した岩魚。
DCF00067.JPG
こちらは泣き尺イワナ。さらに数匹追加。
日も高くなってきたころ、堰堤で源流らしい色のイワナに出会う。
DCF00068.JPG
褐色が美しい天然イワナ。パーマークも本当に綺麗。
さらにお腹の黄色が綺麗なイワナ。
DCF00069.JPG
パーマークくっきりの岩魚。
DCF00072.JPG
まけない堰堤まで来て場所移動。
次のポイントは前回も行ったゴルジュ帯。
そこに向かうポイントでポツポツと岩魚をかけていく。
DCF00073.JPG
スカリにて。
DCF00074.JPG
ゴルジュではひと壺ひと壺、丁寧に一匹づつ釣っていく。
DCF00077.JPG
今回一番元気のよかった尺イワナ。
DCF00082.JPG
DCF00083.JPG
引き返す際にもアップストリームで追加。
DCF00084.JPG
最後に岩魚の刺し身と塩焼きで少し遅い昼食をとる。
DCF00091.JPG
やっぱり現地で食べる岩魚の味は格別。
今日は尺岩魚を頭に20本ほど。小さいのはリリース。ルアーはアイマのスカリをメインに使用しました。
帰り際、ムカゴのできたヨシナを採って帰りました。
DCF00095.JPG
オリーブ油でベーコンと炒めると絶品。
今年のトラウトフィッシングは源流を存分に楽しめた年になりました。来年の渓流も楽しみ。

フィールド:富山
ヒットルアー:Dコンタクトスカリなど
タックル:12 ルビアス 2004、カーディフ56UL
天気:晴れ