稚鮎パターンのシーバス

まずはアジングからスタート。
表層から底まで探りを入れると中層より下に反応が集中。しかしボトムでのコンタクトはソゲばかり…
アジはたまに顔を出す程度。
DCF00718_510.jpg
どちらも25センチ弱。
そこでアジングに見切りをつけシーバスに切り替える。ホタルイカパターンではないシーバスは久々。
たまにボイルはあるのだがなかなか口を使わない。
そこでワンダーへルアーをサイズダウン。
上層のリフトフォールでゴツっ!
DCF00719_510.jpg
ベイトをたくさん食べている魚体の良いシーバス。73センチ。
その後、パターンにはまりもう1匹追加。
DCF00721_510.jpg
50センチほど。2本ともこちらのワンダーにて。サイズダウンとシーバスのスイッチが入る瞬間がちょうどマッチしてくれた。

フィールド:富山
ヒットルアー:ワンダー活アジストレートなど
使用タックル:エバーグリーン ポセイドン ゼファー ストリームマスター PZS-88
天気、潮:上げ4分~7分