ホタルイカパターン ファイヤーフライのズレないリグ

荒れていて釣りになりそうになかったので、家でリグ作り。
富山のホタルイカパターンに効果的なアグアのファイヤーフライですが、ワームがズレたり、裂けたりすることもしばしば。またオフセットフックのみだと掛かりが悪かったり折れてしまうことも…
そこでファイヤーフライをより快適に使えるように試してみて一番良かった方法を紹介。
ズレないファイヤーフライのリグ 作り方
・まずはオフセットジグヘッド((デコイ) ネイルボムなど)にワームの頭の部分を通す。
01.jpg
・次に発光玉をフックに通してワームの上の部分に持ってくる。これでワームがズレにくくなります。(これでもズレる場合は発光玉の穴に通すのではなく、発光玉をワンサイズ上げて横から刺して通して下さい)そしてトレブルフック(#10)をスプリットリング(#00)に付けてフックに通し、もう1つ夜光玉を通す。
03.jpg
・オフセットフックをファイヤーフライにセットし、最後に夜光玉の位置をワーム(矢印の位置)にしっかり合わせて完成。
00.jpg
これでワームはズレにくく、裂けにくい仕様になりました。実際、魚をかけた時以外はほとんどズレませんでした。またフッキング率向上、夜光玉でアピール力アップも期待できます。
沈み方を変えたい場合は、下のようにシンカーなしのオフセットフックに糸オモリを巻いてもいい感じです。
06.jpg
リングや夜光玉、フックは好みのサイズに調整できますが、リングの内径が夜光玉のサイズを超えるとトラブルが発生するのでご注意を。
今回用意したのはこちら(これが一番良い組み合わせでした)
07.jpg
ファイヤーフライ
TOHO 発光玉ソフト1号ブルー、もしくは2号
ネイルボム #2 / 3/32
トレブルRB MH #10、もしくは#12
スプリットリングファインワイヤーP-04 #00


参考までにどうぞ。このリグを使った釣行はこちらです。