2018ラスト 渓流釣行

先日、今シーズン最後の渓流へ行ってきました。
まずは比較的入りやすい入渓ポイントから。
入渓した入り口からすぐに好ポイントが広がる。
01.jpg
やっぱり素直にイワナが反応してくれました。
02.jpg
20センチ少しの岩魚。issen メブキにて。次もすぐヒット。
03.jpg
小さいのでリリース。
堰堤まで登ったところで尺イワナも。
04.jpg
蝦夷50 1stにて。
05.jpg
水量は多めで水は超クリア。
06.jpg
だいたい目ぼしいポイントは攻めたので次のポイントに移動。
次は自分でも初めて入るポイントで期待が高まる。
入渓した入り口はかなり開けていて、あまり魚は居そうにないが最高のロケーション!
07.jpg
それでも少しえぐれた淵を打つと尺イワナが飛び出した。
08.jpg
水中はこんな感じ。
10.jpg
この渓は浅場が多く岩魚がいるポイントは限られていたが、何とか数本引き出せた。
11.jpg
いい色をしたワイルドな岩魚。リュウキにて。
その後、堰堤まで登りつめ、あまり人が入っていないであろう2段目の堰堤を探ってみる。
するとスレていないイワナが素直に反応してくれた。
13.jpg
12.jpg
シルバークリークミノーで反応がなくなったので、ピュア 5gを沈めてアクションさせて狙うと、ミノーに反応しない魚も口を使ってくれた。
14.jpg
最終的に今回はイワナ20匹ほどで型の良い下のイワナだけキープしてきました。
15.jpg
今回は入った全てのポイントに先行者がおられ、後追いという形ですこし難しい釣りになりましたが、最高のロケーションと一緒に渓流釣りを楽しめました。
16.jpg
山の木も少し黄色や赤色に色づいていました。
家に帰りイワナを塩焼き用に捌いていると、うち3匹から岩魚の卵が出てきたので、イワナのイクラ漬けを作ってみることに。
味の方はまた次回の更新で…

フィールド:富山
ヒットルアー:issenシルバークリークミノーDコンタクトピュアリュウキ蝦夷など
タックル:カーディフ60L+12ルビアス2004H
天気:晴れ