渓流釣行2014

先日は少し本腰を入れて朝からスタート。
濁りが心配だったが朝一はクリア、水量も程々で絶好の状況。
やはりすぐに反応があった。
DCF00817.JPG
刀雅にて。チェイスも見えるし楽しい。
朝はあまりシビアに狙わなくても釣れる。
DCF00820.JPG
とりあえず前半戦は全てリリース。お土産は帰り道に数匹だけ採る計画。
しかしその後、11時頃からいきなり濁りが入りはじめた。
お昼の食料調達に焦り始める…
しかしそれでもタイトに探ればポツポツ顔を見せてくれた。
DCF00823.jpg
源流らしい色をした綺麗な岩魚。
DCF00826.JPG
次はエメラルドグリーンのイワナ。
小腹がすいてきたところで火おこしを始める。
先ほど釣った岩魚の塩焼きと刺し身で昼食をとる。
DCF00830.JPG
DCF00831.JPG
現場で食べる岩魚の塩焼きは格別。
しばらく景観と食事を楽しんで、しっかりと後片付け。
帰る2時頃には濁りも取れ、岩魚の活性が戻り本流でもヒットが連発。
DCF00835.JPG
午後は本流の沈み石から出てくるパターンが多い。本流はDコンタクトにて。
本日は25本ほどで、帰り際に食べる分だけ岩魚をキープしあとはリリース。
自然の恵みに感謝です。

フィールド:富山
ヒットルアー:刀雅Dコンタクトなど
タックル:12 ルビアス 2004
天気:晴れ