今シーズン初岩魚

今年は少し遅れて岩魚の渓流釣行に。
ポイントに着くとやはりまだ濁りはある。
とりあえず様子見で打っていくと最初のポイントですぐヒット。
DCF00788.JPG
今シーズン初岩魚。しばし眺めたあとすぐに次のヒット。
しかしその後は良さそうなポイントを打っていくがしばらく反応なし。
先行者の足跡もあって人が入りやすいポイントはやはり難しいのか。
しばらくして沢水が流れ込んいるポイントにさしかかる。対岸でかなり距離があるのだが刀雅のヘビーシンキングをフルキャストしてピンポイントで狙うとヒット。
DCF00789.JPG
濁った本流にクリアウォーターが流れ込んでいる絶好のポイント。
この上流からは岩魚の反応が少しずつ良くなってきた。
しかし濁りがひどいので岩のヨレに数センチのピンスポットで打たないと出ない。トレースで通しても食わないのでピンスポットで岩魚が潜むポイントに着水音で反応させるしかない。
一度イワナのスイッチが入ってしまえば連発。
DCF00791.JPG
DCF00796.JPG
アップストリーム、カーディフ 刀雅にて。
そして大場所のポイントへ。
対岸の大きな岩のえぐれにダイレクトに入った瞬間、ドン!
DCF00802.JPG
DCF00803.JPG
33センチの尺イワナ。ヒレも魚体も目つきも最高の岩魚。
これで満足して引き返す。最後に釣り上がった場所から少し下流もチェック。
DCF00804.JPG
サイズは小さいが数は出た。
今日は岩魚33センチを頭に25センチから尺前後が25本ほど出たが、食べる分だけキープして塩焼きと刺し身に。
DCF00814.JPG
今回は岩魚の一夜干しも作ってみたがそれも最高でした。

フィールド:富山
ヒットルアー:カーディフ 刀雅Dコンタクトなど
タックル:12 ルビアス 2004
天気:晴れ