2馬力ボートのライトスロージギングでブリ2本! 19 バルケッタ プレミアムのレビューも兼ねて

先日、2馬力のライトゲーム全般用に19 バルケッタ プレミアム 151DHXGを新調したので、2馬力ボートで出港してきました。

スローの根魚の予定でしたが、イワシの群れが時おり魚探に映り、青物がいる感じだったので急遽、青物のスロージギングに変更。

反応が入ったラインでスロージグを落としてロングフォールで誘うとヒット!

タイラバロッドだったので慎重にやり取りして10分ほどかかりました。

水深は120mほどでヒットラインは70mくらい。

ベイトと青物の反応は50mから80mくらいまで広範囲に入っていました。

血抜き処理をしていた間にかなり流されたので、潮上に戻り釣り再開。

さっき入っていた反応が抜け、ベイトも少なくなっていたが同じパターンで誘ってみる。

するとまたロングフォールでヒット!

次は一気に90mまでラインを出されました。

ちょっとサイズアップのブリ。15分ほどスリリングなファイトを楽しめました。

ヒットジグはこちらのシーフロアコントロールのクランキー

他にも、ショートジグ、TGベイトなどもいちよ試してみましたが、スローにしか反応しませんでした。

92センチと83センチの鰤。血抜き後で8.3kg、7kgでした。

帰って捌いてみるとやっぱりイワシベイト。寒ブリとまではいきませんが脂もそこそこのっていました。

先日購入したばかりの、シマノ 19 バルケッタ プレミアム 151DHXGもいい仕事をしてくれました。

もちろんリールの力だけでゴリゴリ巻く感じではなく、ポンピングしつつ巻いてくる感じですが、重量感のあるブリも、ロングのダブルハンドルで力強く巻いてこれました。

スローでも2馬力では個人的にダブルハンドルが好きで、こちらを選んだわけですが、あまり派手に動かさないスローにはかなり使いやすいと思います。2馬力で座りながらロッドを操作するようなスロージギングには本当に使いやすいです。

マイクロモジュールギアで巻きもスムーズですし、フォールレバーで着底する寸前などのフォールスピード調整も簡単でした。

タイラバ、タチウオ、ライトなスロージギングにはぴったりのリールだと思います。

青物のスロージギングもこれからはまりそうです。今年は青物、中深海とスローで楽しんでいきたいと思います。

フィールド:富山
ヒットルアー:シーフロアコントロール クランキー
使用タックル:シマノ 15炎月SS B610M-S + シマノ 19 バルケッタ プレミアム 151DHXG

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 2馬力ボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ