今年もヒラスズキin富山

先週の釣行。ポイントに着くと潮も走っておりいい感じの海況。
潮通しが良いので上層のタダ巻きから探るとすぐにバイト。
01.jpg
24センチほどのメバル。
溜まっていたのか2連チャン。
02.jpg
03.jpg
24から26センチまでのメバル。ここで一旦アタリが止まった。
そこで少し歩きながら釣っていくと単発で大型。
04.jpg
28センチ。
そろそろ潮が上げ止まりのベストタイム。
表層でモゾモゾとアタったのでメバルっぽくないなと合わせるとエラ洗い連発。
PE0.6なので半ば強引に寄せてネットイン。
05.jpg
40センチほどのシーバスだが、どうもヒラセイゴっぽい。後で見分けられるようにヒラスズキの特徴らしい部分を撮っておく。
06.jpg
太い尾柄。
7.jpg
スズキより多い軟条。
ヒットルアーはいつものデカキビナーゴ
まだ居る感じがしたので慎重に次を狙うと表層でモゾ。
08.jpg
連続でセイゴ。群れで回っているようだ。これには驚き。
その後もう一度、同じようなアタリがあったがフッキングには至らなかった。
今日はメバル4本(他リリース)とシーバスが2本。
09.jpg
家でもう一度ヒラスズキか検証してみる。
11.jpg
尖った口から盛り上がった体高。体色はいぶし銀、軟条は16本。下顎の列鱗があり、尾柄は短く太く切れ込みが浅い。
以上からヒラスズキと断定できると思う。
味もスズキより磯っぽく昨年のヒラスズキと似た味でした。
2年連続でヒラスズキが釣れたし、近年この時期は、富山湾の岸近くを回遊しているのかもしれませんね。
昨年のヒラセイゴの記事はこちら。

フィールド:富山
ヒットルアー:デカキビナーゴ
タックル:TICT(ティクト) INBITE IB710-TB13 セルテート 2004CH
天気、潮:上げ6分~潮止まり