オーバースペックのメバリング

先日、天気が荒れる前に行ってきました。
今回は前回のラインブレイクを踏まえてラインシステムを変えて釣行。
ポイントに着くと月明かりは少し雲に隠れていい感じ。まずは回遊ポイントでブルーバックがいないかチェック。
沖の回遊はまだないようなので、プランクトンが溜まっている潮の吹き溜まりを狙う。
するとコツン!
01.jpg
やっぱりブルーバックがいた。
アタリは小さいので丁寧に探っていくと連発。
02.jpg
03.jpg
最大26センチまでのブルーバックメバル。
その後アタリがなくなり手前の居付きメバルをリフトフォールで探る。
04.jpg
型の良い白メバル。
05.jpg
27センチ。よく引いてくれた。
釣り座を変えて潮が交わるポイントへ。
上層のリフトフォールでモゾ。
06.jpg
腹パンパンの27セントの抱卵メバル。すぐにリリース。
活性が上がってきたので普段使わない色々なハードルアーを試してみる。
爆釣ジグ メバルチューンフェイクベイツなど。
07.jpg
メタル系はタダ巻きでは反応が悪くリフトフォール。ミノーは緩やかなストップアンドゴーが有効でした。
08.jpg
後はいつものワンダーのサイズを60に上げてみる。
09.jpg
コンスタントに釣れるがサイズがいまいち。使ったワンダーはこのカラー。
メバルのサイズが下がってきたのでワームに戻す…
最後に小さめのスポーンを追加して終了。
10.jpg
今日はほぼリリースで27センチを頭に14本。ラインをPE0.6、フロロ1.5号リーダーを長めにとってきたのだが、そんなオーバースペックにした時に限って尺は掛からず。

フィールド:富山
ヒットルアー:デカキビナーゴワンダー60フェイクベイツ爆釣ジグなど
タックル:TICT(ティクト) INBITE IB710-TB13 セルテート 2004CH
天気、潮:上げ5分~8分