【釣具に使える保険】自動車保険に付帯の「車内外身の回り品補償特約」のオプション補償で釣り竿を修理する

釣りに行けていので、今年折れてしまったロッドを保険で修理した話です。

知らないともったいない!自動車保険の付帯サービスで釣具が補償される?!

自動車保険で釣り竿を修理

自動車保険付帯の「車内外身の回り品補償特約」で釣り竿を修理(修理不能なら新品)する方法

昨年も一本ロッドを折ってしまったので、折れた竿(修理対応)の補償を申請しました。
今回お世話になったのは自動車保険を契約しているSBI損保さんの車内外身の回り品補償特約
釣り竿をはじめ、契約車両で釣りに行って、偶然破損してしまった釣具は補償の対象になるようです。

自動車保険を釣具の修理に使う手順(SBI損保)

1, 自動車保険を契約しているSBI損保に連絡します。

連絡先は事故・故障時のご連絡先と一緒でOKでした。

0800-2222-581
(0570-550-627)

電話で事故の状況を説明します。

2, メールで事故状況の写真提出
メールが届き、以下の資料をメールで返信します。

・壊れた釣り竿の写真
・購入時の納品書
・釣り竿の修理見積

*修理見積もりはロッドのメーカーさんに直接電話してFAXで送って頂いたものを、SBI損保さんに提出しました。

3, 損害補償額の決定
減価償却した時価額か、修理費の金額の低い方が、補償額となるようです。

その補償額から免責(自己負担額)3000円を差し引いて支払いとなります。

*ただ今回は時価額の方が低かったので、時価額基準で保険が支払われる場合、免責の3000円は不要とのことでした。

4, 保険金の受け取り
後は、振込口座をお伝えして、数日で指定口座に保険金が振り込まれました。

実際に「SBI損保の保険」を使ってみて

電話連絡の後は、全てメールでのやりとりだったので、とても簡単でした。対応してくださった方々も親切でスムースなやりとりを行えました。

まだ事故はありませんが、SBI損保さんには「ロードサービス」と「車内外身の回り品補償特約」でお世話になりました。全体的にとても丁寧で信頼のおける自動車保険会社だというイメージです。

自動車保険会社によって、補償条件や手順は少し異なりますが、だいたいこのような手順で保険を使えるようです。

特にSBI損保は’車外に持ち出した身の回り品の事故’も保証してくれるので、確実性を求めるならSBI損保がおすすめです。

ですが、契約中の自動車保険よりかなり高額だと意味がないので、まずはSBIが運営するサイトで見積もりをしてみると良いと思います。私もここから見積もりをして、そのままSBI損保に申し込みました。

↓SBIが提供している見積もりサイトです↓


ほとんどの人は車で釣りに行くと思います。
自動車保険を契約している分、付帯サービスは格安なので「車内外身の回り品補償特約」は釣具の修理に最適ですよ!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ 2馬力ボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ