春揚々のバスフィッシング

今年も毎年恒例の氷見の野池にバス釣りにいっていきました。
今シーズンはスポーニングの時期をちょっとはずしたかな…
野池に到着すると休日にもかかわらず人が少なくていい感じ。
まずは足場の良い表からスタート。
投げると数匹チェイスしてきた。しかしなかなか食わない…
やはりスレているようだ。
そこでジャングルみないなオーバーハングのポイントに移動。
DSC00824.JPG
するとすぐにヒット!
DSC00825.JPG
ワームのトップでゲット。
昼はやはり上から落ちてくる虫などを意識しているようですね。
その後も同じパターンで数匹ゲット。
DSC00826.JPG
ワームのノーシンカー背掛けで。
お決まりのギルもヒット!
DSC00823.JPG
その後転々と場所を変え数匹引き出した。
そして暗くなってきたころワームでのアタリが減ってくる。
そこで小型のミノーをチョイス。
それが大当たり!
1キャスト1ヒット状態が続く^^
DSC00830.JPG
DSC00828.JPG
夜は浅瀬にバスが集中しているようだ。
やっぱりシーバスもバスも同じ捕食スタイルなんですかね。
40匹ほど釣ってお腹がすいてきたので終了。
今日はサイズこそはでなかったがバスのナイトフィッシングを満喫できました♪

フィールド:氷見の野池
天気:晴れ
水:クリア
使用ロッド:トルネード602LFS-OH
ヒットルアー:ダイワ ドクターミノーダイワ シルバークリーク
など