ゼスタ ランウェイSR10.3Mのインプレ

夕マズメにかけてちょこっとワインドで底物狙い。
底をとって軽くワインドさせているとゴン!
手前のストラクチャー付近で食ってきた。
KIMG1370.jpg
50センチほどのチヌ。本命ではないが嬉しい外道。
その後アタリはあるものの針がかりせずマズメタイム終了。

ゼスタ ランウェイSR 10.3M カレントナビゲーターのインプレッション

今回は新調したショアジギングロッド、ゼスタ ランウェイ SR 10.3M CURRENT NAVIGATORを使用してみました。
ランウェイSRはショアスロージギングにも対応したライトウェイト系のショアジロッドで10.3フィートで162gという驚きの軽さ。(92.5MLだと134g!)しかしバットパワーはしっかりとあって、ブランクスもシャッキリしています。
10.3Mはルアーウェイトが8~50gとなっていますが、キャストした感じでは45gくらいまでが、思いっきり振り切れる感じでしょうか。50gだと少しオーバーウェイトな感じもします。また逆に15g程度のライトジグまで違和感なく使えるように感じました。
キャストフィーリングですが、軽く投げてもロッドの反発でかなり飛びます。試しに30gのTGコンポジットのコルトスナイパーを使ってみましたが、ジグの飛行姿勢さえ安定すれば150mくらい飛んでいきました。またヒラスズキ用のヘビーウェイトミノーもキャストしましたが、こちらもロッドのブランクスが負けずにブレなくキャストできました。
またショートピッチやスローフォールもやりやすく、ショアスロージギングにも十分使えそうです。
まだ本格的に使ってはいませんがショアジギ、ショアスローをはじめ汎用性の高いロッドだと感じました。今シーズンの青物キャスティングからランウェイSRを使い込んできたいと思います。
ゼスタ(下田漁具)ランウェイ SR/RUNWAY SR【10.3M】

【スペック:ゼスタ ランウェイ SR 10.3M CURRENT NAVIGATOR 全長10’3″ft、自重162g、先経1.8mm、元経13.5mm、ルアーウェイト8~50g、ラインMAX30LB】

フィールド:富山
タックル:ゼスタ ランウェイ SR 10.3M
天気、潮:夕マズメ